2024年1月 4日 (木)

欠航 & 伊丹空港

今朝、関空発で乗る予定の便が欠航。いろいろ思案した結果、伊丹空港発の便に振り返る。
以下、経緯。

昨夜23時の段階で、1/4の便の運行状況をチェックしたら、特に欠航の表示は出てなかっので安心し切ってました。日が変わって、一応ANAのサイトを見に行くと、なんと欠航の表示。振替をしようにも1/4の便は全部満席状態。夜中に気づいてよかった。朝起きて知ったら、超大慌て状態。

新幹線を見に行くと、ざっと見た感じ満席。名古屋まで近鉄特急で出て、名古屋ー小田原間はこだまで帰ることも選択肢として考える。小田原からは小田急使って、と。

伊丹はというとANAは全満席。JALがわずかに空席があったので、9時30分のをとりあえず確保。決済はまだ保留。ANAのカウンターでまず、振替の手続きをしてから、JALの搭乗手続きをするらしい。

なので、手続きに時間がかかるかもと、朝5時半過ぎに、実家の箱作を離脱。南海・メトロ・阪急・モノレールを乗り継いで、7時30頃、大阪空港に到着。わたしの実家は大阪の南端部。でも、意外と早く着いた。ANAのカウンターで「関空で乗る予定の便が欠航になったので、振替の手続きをしたい」と伝える。すると、「8時発の便が、まだ席がありますが、どうされますか?」え?ほんと。「じゃあ、お願いします。」搭乗すると、わたしの隣も空席でした。とりあえず、どゆるし。早く実家を出たのが幸いした。予約したJAL便はリリース、というか、未払いで自動キャンセルになってるはず。こういう人、多いのかな?

ラウンジからチェックインカウンターが一望できますが。割りと混み合ってます。ニュースで見たけど、振替の手続きに時間かかってる模様。わたし、よくあっさりできたな。

そして、

展望デッキからは、機体だったものが、まだ目視できていました。

羽田空港のラウンジで、コーヒー飲んだり、雑用をいろいろ片付けたりして、朝5時半過ぎに実家を出たのに、帰宅したのは13時45分。うー、眠い。

 

昼ごはん てりやきマックバーガー(マクド)
晩ごはん カルボナーラ

| | コメント (0)

2023年5月 9日 (火)

帰国しました。

6時15分に羽田着。定刻より20分遅れだけど、これなら、よし、8時5分発のセントレア行きに十分間に合うぞ! と思ったら…。
パスポートチェックはあっさり完了。国際便乗り換えと、外国人用のイミグレはめちゃくちゃ混んでただけに、これはありがたい。
ところが、手荷物がなかなか出てこない。比較的早くチェックインしたせいかなあ。結局、7時20分ごろにやっと出てくる。30分もかかるとは思わなかった(希望的観測)。さらに税関も混んでる〜。Visit Japanに登録してなくて、時間かかった。とにかく、連絡用シャトルバスにダッシュして、第1ターミナルへ。チェックインを済ませて、これでひと安心と思いきや、荷物が重量オーバーで、別のカウンターへ。係の人にパリから乗り継いできたことを伝えると、追加料金なしで預けられました。ちなみに、23.4kg(笑)。そして、搭乗口に向かうも、えらい離れてる。羽田の第1ターミナル、めったに使わないので、勘所があ。とにかく無事に搭乗できてひと安心。飛行機の同じ列の乗客と話す。インドのプネーから来たそうです。
9時過ぎにセントレア空港到着。
今日はここで昼ごはんまで済ませて帰る魂胆。スーツケースを一時預かりしようとしたら、今日中に宅配可能ということなので、奮発して宅配を依頼する。なお3070円。そのあと、ラウンジでひと息。さらにひと風呂浴びる。13時間座りっぱなしだったので、かなり楽になる。昼ごはんは、タンメンと矢場とんをはしご。ちょっとはめ外す。

午後3時に帰宅。ようやくひと眠り。7時にスーツケースも届く。
昼ごはん タンメン(ベジたん)、ロースカツ定食(矢場とん)
晩ごはん   きつねうどん、鶏ごぼうごはん

| | コメント (0)

2023年5月 8日 (月)

シャルル・ド・ゴール空港

朝4時に起きてパッキング。昨夜は(睡魔で)ちょっとやる気が起きなくて。睡眠時間4時間。寝坊しないように、部屋の電気つけて寝てました。

5時15分過ぎにチェックイン。メトロの始発が5時41分ということもあって、早朝の地下鉄駅で電車が来るまでドキドキ。意外と人乗ってた。そして、パリ北駅でRERに乗り換える。乗り換えはすぐで、助かる。RERは治安がやばいということだったが、空港に向かう乗客が多かったこともあり、割と安心。

パリ北駅に着くと、2Eターミナルに向かう自動歩道の手前で、チェックインコーナーがあったので、そこでチェックイン手続きを済ませて、荷物のタグを受け取って、装着。荷物をドロップして、実は400gオーバーだったのですが、スルーされて、運びこまれていきました。搭乗券をスマホに送っておいたら、いろいろかざすだけで済むので便利。行きもそうするんだった。結局、7時20分ぐらいには、ゲート到着。割と遠かったけど。朝ごはん食べたり、スムージー飲んだり、残りのユーロを土産物屋でつぶしたり。

そして、9時40分出発。これから13時間のフライト。朝早かったこともあり、出発直後はちょっとうたたねしたが、あとは、読書とゲームに励む。東向きの経路ということもあり、Wi-Fiは今回は順調。SNSにいろいろ書き込んだり、Twitterでメッセージのやりとりをしたり。

昼ごはん チキングラタン?

| | コメント (0)

2023年5月 6日 (土)

タリス

今回の大作戦、第2の目的「高速特急タリスに乗って、パリに移動する。」

朝8時58分、ロッテルダム駅初。なので、7時45分ライデン初の電車に乗れば十分間に合うと思ったら、どうやたこれは平日ダイヤだったらしく、土曜の今日は、7時5分に乗って、デン・ハーグで乗り換えて、ロッテルダムに8時10分に着くことが判明。なので、朝5時起床。6時半にホテルチェックアウト。実際には6時51分発に乗れたので、デン・ハーグで30分ほど待つことに。でも、まあ。無事にタリス乗車。ロッテルダム駅では一度、改札を出て、タリスの乗車券のQRコードを改札にタッチ。問題なく入れたので、ほっとした。タリスの前に、ロンドンの行きのユーロスターが到着していた。待ってる間、中国人らしい乗客に「乗車券をホームの検札機にタッチしなくていいか?」と聞かれた。ホームは別のカード用なので、「必要ないですよ。車輌の中で、検札があるので、そのときに見せればいいです」と答える。

そして、いよいよタリスに乗車。タリスでは一人席。ほどなく検察があり、乗車券のQRコードを見せる。問題なし。あとでわかったが、この乗車券、iPhoneのWalletに登録できたらしい。用心して、PDFをファイルにダウンロードしてました。社内では、前半が朝食を楽しんで、後半は車窓を眺めるか、仮眠を取って過ごしました。今回はあまり読書ははかどらず。電源はというと、どこだろうと思ったら、座席の前の左側にあったので、これでiPhoneを充電。朝食は、パン2個、サラダ、チーズ、ヨーグルト、ジュース、コーヒー。パンがでかい!食べるだけで1時間かかった。欲を言えば、ベーコンかハムが欲しかった。ランチかディナーだとそういうメニューもあるらしいが。それはまたの機会に。今回1等車を予約したが、空席もちらほら。また、アントワープやブリュッセルから乗ってくる乗客もいました。

そして、11時35分、パリ北駅到着。あっという間の2時間半でした。もっと乗っていたかった。さあ、降りるぞ!と思ったら、座席のポケットにわたしのMacBookが。危ない、危ない。あやうく、インシデントを起こすところだった。

さて、メトロでパリの宿泊先へ。ところが切符売り場がえらい混んでる。ようやく、券売機にたどり着いて、とりあえず、乗車4回分の切符を購入。前回、パリに来たときは、パリ・ビジットという周遊券で移動したので、切符を買う必要がなかった。ホテルにも無事チェックインできて、とりあえず、1時間ほどベッドに横になって、ひと休み。

| | コメント (0)

2023年5月 4日 (木)

キューケンホフ公園

午後は、チューリップで有名なキューケンホフ公園へ。アムステルダム美術館からいったん中央駅に戻って、メトロでユーロプレイン駅へ。ここからキューケンホフ公園行きのバスが出ています。トラムもバスも周遊チケットで乗り放題なので楽です。ユーロプレイン駅を降りて、さて、どこからバスが出ているのかと思ったら、ふと右を見ると長蛇の列が。「これかあ」なので、しばらく待って、バスに乗車。キューケンホフ公園までは約40分。予約時間より少し早くついたが、問題なく入場。

すると、公園内はあたり一面チューリップ畑。圧巻でした。しかも、平日だというのに人がいっぱい。園内にWi-Fiが通じていたので、チューリップの様子をfacebookにアップ。お昼を簡単に済ませたこともあり、途中で休憩をかねて食事をしたり、土産物売り場を堪能。いやあ、楽しかった。でも、歩き疲れた。アムステルダム駅に戻って、思わず、駅売店でスムージーを飲んでひと休憩。

晩ごはんは、宿の近くのラーメン屋で。「見せてもらおうか、オランダのラーメンとやらを」美味かったです。

| | コメント (0)

2023年5月 2日 (火)

「行くぞ!フェルメール大作戦!」発動!

昨年11月から検討を重ねて、計画を進めてきた、「行くぞ!フェルメール大作戦!」ついに発動!
5月2日(火)から9日(火)の旅程で、オランダとフランスに出かけてきます。全くの個人旅行です。
今回の目的は以下の3つ(笑)。

  1. アムステルダム美術館で開催中のフェルメール展を見に行く。
  2. 高速特急タリスに乗って、パリに移動する。
  3. パリ・プロテスタント日本語教会牧師の清水先生に会う。

朝10時25分発のアムステルダム行きのKLMで出発。8時には空港のチェックインカウンターに着いたものの、割と長蛇の列。チェックインそのものはオンラインで済ませていたものの、荷物をドロップするのに時間かかった。なお、私のスーツケースの重量は18kgでした。ただ、出国審査は顔認証で即完了。まずはゲートの確認、そして、両替所を探す。近場の両替所が閉鎖されてて、かなり歩きました。とりあえず、145€ほど両替。1€が150円近くなってて、顔がひきつる。

ほぼ定刻通りに搭乗。今回は14時間近いフライトということもあり、通路側の座席を予約。となりは、初老の外国人のご夫婦でした。オランダの方でしょうか?今回、興味をひく映画がなかったので、機内ではほぼ読書にあてる。2冊ほど読了。今回は学会発表とかではないので、発表準備で機内で修羅場と化すことはなし。機内食は、チキンかパスタの2択で、パスタを選択。パスタと言ってもちょっとグラタンぽい感じ。あとは、パン、サラダ、ケーキ。完食にカップヌードルもいただきました。あと、サンドイッチが出てきて、到着間際にホットスナック、クラッカー、チーズというメニュー。これは、ライデンで、晩ごはんなんか食べないと。あと、KLMの飛行ルートが北極圏周りだということを初めて知る。欧州方面に行くときは、いつも西向きだったので、これはびっくりした。途中、眼下にグリーンランドの雪原が見えてました。

アムステルダムには17時20分に到着。荷物を待っている間に、アムステルダム&地域チケットの発見を済ませる。荷物は出てくるまで時間があったが、わたしのスーツケースは早めに出てくる。オンラインで、オランダ鉄道のチケットを買って、インターシティでライデンへ。約20分でライデンに到着。

宿は、シティホテルレンブラント。名前で決めたホテル。ところが玄関が閉まっている。フロントには誰もいない。確かに、事前の連絡メールで、人がいない場合は、電話しろとは書いてあったが。とりあえず、別の宿泊客が来たときに中に入れてもらって、自分のiPhoneから指定の番号に電話をかける。どうやら、リモートで玄関を開ける仕組みらしい。そして、「2階にあがって、206号室に行ってください」と指示されて、部屋に向かうと、開いてる。部屋に入って、ルームカードを確認。こういうシステムは初めて。部屋は割とこじんまりした感じ。しかも机がない。なので、ローボードみたいなところで、ノートPCを広げてました。あと、Wi-Fiもなんか不調。これはのちほど解決するのだが。とりあえず、晩ごはんに出かける。前から気になってたレストランに入って、チキンソテーなるものを注文。チキンが串刺しになっていたので、サテが正しいのかもしれない。でも、うまかったです。

これで、大作戦1日目は終了。

昼ごはん パスタ(機内食)
晩ごはん チキンソテー(Stadscafe van der Werff)

| | コメント (0)

2023年5月 1日 (月)

前日。

朝、出勤時に多治見駅のロッカーにスーツケースをほおりこむ。スーツケースサイズのロッカーは1つだけなので、使用中だったらどうしよう、と思うが、たいていいつも空いてる。そして、仕事帰りにピックアップ。

明日朝10時25分、成田発のKLM。セントレアー成田間の移動はちょうどいい便がなかったので、成田までの移動どうしようかと思ったが、結局、前日(要するに今日)に、新幹線で移動。スーツケース席を予約。ただし、東京からは成田エクスプレスもスカイアクセスもない時間帯。なので、総武線で船橋に出て、そこから京成線で成田空港へ。幸い、船橋からイブニングライナーに乗れたので座れた。

宿は東横イン。成田空港駅にシャトルバスが出てるのでありがたい。22時半頃にチェックイン完了。名古屋駅で、きしめんをおなかに入れたものの、これじゃあ足りないので、東横インの中のローソンで、晩ごはんを調達。

昼ごはん ラーメン、小ライス(晩ごはん)
晩ごはん カップヌードル、パスタサラダ、おにぎり(ローソン)

| | コメント (0)

2023年4月29日 (土)

行くぞ!フェルメール大作戦!3日前。

ぼちぼち荷造り始める。とりあえず、今日のところは、メインの衣類と本、生活用品などの選択作業。下着や靴下類は明日。本格的なパッキングも明日します。どうやら、向こう着いたら10度切ってるみたいなので、搭乗段階で厚着しないとだめかも。ホテルのアメニティ状況がわからないので、とりあえず、旅行用の、シャンプー・ボディソープ・歯磨き粉を調達。

オランダのキューケンホフ公園の入場券は予約したものの、公園までのバスもいっしょに予約しないといけなかった模様。そこで、アムステルダム&地方旅行チケットというのを購入。これは、アムステルダム市内の交通機関と、キューケンホフまでの往復バスが乗れるというもの。2日間で32€ですが、十分元が取れるでしょう。スキポール空港までの往復も可能。でも、わたし、ライデン宿泊なので、これでは活用できる機会がちょっとない。

5月8日(日)に、ルーブル美術館に行く予定で予約。ぼちぼち、入館可能時間帯が埋まってきたが、まだ9:30の枠が空いてたので予約手続き。ところが、マスターカードの決済がなぜか拒否される。「アムステルダム&地方旅行チケット」では、問題なかったのに。そこで、日頃使わないVISAを引っ張り出して、決済したら、これは通った。ルーブルでは、「天文学者」は拝んでおきたい。

他の美術館はそれほど混むとこではないので、現地でもいいかな。


| | コメント (0)

2023年4月25日 (火)

行くぜ!フェルメール大作戦! 7日前

寒かった。部屋のエアコンもあまり機能してないし。
さて、大作戦も7日前。いろいろ手配。

新幹線 5/1夜のうちに成田に移動するので、東京までののぞみを予約。一応、スーツケース席を予約した。ただ、成田エクスプレスもアクセス特急もない時間帯なので、地道に移動しないといけない。

キューケンホフ 5/4にキューケンホフ公園の入場予約。ところが、アムステルダムからの往復バス込みのチケットを買わなければいけなかったもよう。当初の目論見では、アムステルダムから公園に行って、帰りは公園からライデンの予定だったんだけど。いろいろ調べたところ、アムステルダム旅行地域チケットというのがあるらしく、このチケットの中に、アムステルダムーキューケンホフ往復分も含まれているらしい。なので、これを買う方向で。すると、すでに買った公園の入場券が無駄にならない。

航空券 座席予約。ただし、予約は有料。窓側か通路側かで迷って、直行便にしたせいで行きは14時間乗るので、通路側にする。ただし、窓側の通路側。今のところ、同じ列の席の予約はないので、このまま来なければ窓側に移動してしまおうという魂胆。

帰りに、カメラのキタムラに寄って、証明写真撮ってくる。就活用。出すとこが上半身の指定なので、ここで撮ってもらう。

昼ごはん えびかつ&焼魚の定食(土岐っ子)
晩ごはん 焼鮭、もつ野菜炒め

| | コメント (0)

2023年4月20日 (木)

行くぞ!フェルメール大作戦! 11日前

気がつけば、11日前。
オランダ行きの便は、5月2日の午前なのですが、そのために、前日の5月1日のうちに成田に移動します。
なので、今日は5月1日から数えて11日前。成田での宿は確保済み。
国際会議や研究会と違って、個人旅行なので、アムステルダム美術館以外はほとんどフリー。
ようやく、いろいろ詰め始めていっるところ。

美術館・博物館メインの旅程でしたが、せっかく5月に行くので、キューケンホフのチューリップ園に行くことにする。
午前中は美術館、午後はキューケンホフのつもりで、アムステルダム→キューケンホフ→ライデンというルートを考える。時刻表やら運賃をチェック。以前は、メトロとかはキャッシュでチケット買ったけど、今はカード払いが主流みたいなので、いろいろ調査。

「アンネの家」もこの機会に行きたい、と思ったら、5月上旬まですでに予約いっぱい。当日券もあるけど、何時間待つかわからないので、「アンネの家」はちょっと見送りかなあ。海洋博物館にも興味があるので、そっちに行くことを検討中。さっさとライデンに戻って、自然史博物館に行くという選択もあり。

往復の航空券の座席指定をどうしようか思案中。今、座席指定が有料で片道4千円くらい。当日任せでギャンブルでもいいんだけど。窓際行きたいけど、お手洗い近い方なので、思案中。あと、機内食も気になって、そういうサイトを検索。なんか、コロナ中はメニューが今一つになったらしいけど、シドニー行ったときはそうでもなかった。機内食は毎回楽しみです。

あと、パリがデモ騒ぎで不穏なのが気になります。お世話になった牧師先生に会うのが主目的なのですが、でも、ルーブルには寄りたい。あと、ポンピドゥーとか自然史博物館とあ。

昼ごはん 豚肉おろしそば(土岐っ子)
晩ごはん ガーリックポーク、麻婆茄子、サラダ、

| | コメント (0)

より以前の記事一覧