2017年11月21日 (火)

「怖い絵」展@上野の森美術館

やっと、上野の森美術館の「怖い絵」展に行ってきた。
平日でも80分待ちという大人気のこの展覧会。じゃあ、土日に行ってもいっしょかと思ったが、ここのところの週末巡業のため、土日に時間が取れない。そこで、今日年休を取って行ってくることにした。朝イチで行きたかったが、朝弱いわたしは結局 10時まで寝倒す。美術館には11時40分着。60分待ちでした。10時半に来たら30分待ちだったので、やはり早く来るべきだったか。でも、時間つぶし本やらiPadを持ってきてたので、それほど苦にならなかかった。

で、 12時50分頃ようやく入場。知人のススメで珍しく音声ガイドを借りる。入ってすぐは混み合っていたけど、中はそれほど混んでない。真ん前で見ようと思わなければ大丈夫。知人の話では順路が順路でなかったと言ってたが、そんなカオスではない。実は「怖い絵」の本は読んだことがなかったが、いやあ、いい絵がいっぱい来てる。非常に見応えがありました。よくこんだけの絵を揃えることができたもの。目玉は、最後のフロアに展示されていたポール・ドラローシュの「レディ・ジェーン・グレイの処刑」日本初来日。ロンドン・ナショナル・ギャラリーでも人気作で絵の前の床がすり減ったという逸話があるほど。これもそれほどの人だかりではなくてじっくり見ることができました。満足満足。

ミュージアムショップも意外と空いてました。図録はもちろん、ポストカード7枚。クリアファイル。マグネット2つ。文庫カバー。そしてキャラメル。ただ、文庫カバーは1種類しか残ってなかった。残念。買ったけど。上野の森美術館出たときには 14時30分。すっかり長居してしまいました。
昼ごはん 豚肉炒めと唐揚げ(上野駅ナカ)
晩ごはん 豚肉と白菜とにらの水炊き風

続きを読む "「怖い絵」展@上野の森美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

新海誠展@国立新美術館

観測当番や週末巡業もあり、5週間ぶりに礼拝出席。
午後は同業者の友人と落ち合って、新宿御苑に聖地巡礼。実は、新宿御苑に来るのは全くの初めて。「君の名は。」にも登場する東屋をチェック。同じ目的の人たちが座ってたり、写真を撮ったり。
そのあとは、国立新美術館の「新海誠」展へ。一瞬長蛇の列かと思ったら、なんと「安藤忠雄展」の方だった。「新海誠」展の方はすっと入れたが、それも中は混んでる。わたしは割とさくさく見るほうだが、ツレのチャンさんはじっくり見てました。広く空間がある分、三島とはちょっと違う展示もありました。最後のフロアの各作品をコラージュした映像は、「泣いた」という声があったほど。これだけで見る価値あり。で、わたしは6時15分から見たい映画があるので、ここで離脱。

このあと、新宿バルト9へ。「コードギアス反逆のルルーシュ興道」を見てる。基本総集編なんですが、それでも見応えがありました。テレビ放映時から世界観に惹かれて、ずっと見てきたので。CCのゆかなの声がこの頃はいいなあと。個人的にはカレンのあのシーンは入れてほしかった。新井里美はまだ黒子声じゃない時期。櫻井孝宏もこの頃の声はまだ若いです。コードギアスは今になっても人気あるみたいで、シアターは満席でした。しかも年齢層若干高め(笑)
昼ごはん 辛味噌つけ麺(haggy)
晩ごはん 牛ステーキカレー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

「怖い絵」展

この秋は、見たい展覧会が多い。
上野の森美術館で開催中の「怖い絵」展もその一つ。ところが、めちゃ混みらしい。今日もこの雨で、多少はすくかと思いきや、80分待ちらしい。まじかい。

ただでさえ、週末巡業&観測当番で空いてる土日がほとんどないので、ほんといつ行こう。思い切って、年休取って平日に行くか。って、
「お前、それ、5月にやったやん」
 ↑
5月にフェルメールの特別展見たさに、1週間年休取ってフランス行った人。

他にも
「カンディンスキーとルオー」(汐留ミュージアム)
「北斎とジャポニスム」(国立西洋美術館)
「オットー・ネーベル展」(Bunkamuraミュージアム)
あと、マリーローランサン美術館も。

さてさて、全部見て回れるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

ゴッホ展@東京都美術館

東京都美術館に「ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢」を見てくる。

と、その前に調布駅近くのりそな銀行に寄って、住民税を振り込む。期限が切れてコンビニで手続きできなかったもの。

上野駅を降りると、上野駅構内の展覧会のチケット売り場が混んでた。どうやら、国立博物館の「運慶展」が混んでる模様。東京都美術館はそうでもなかった。あとで知ったが、上野の森美術館の「怖い絵」展は60分待ちらしい。「怖い絵」もはしごしようかと思っていたが、今日は午後ヤマトを見ることにしていたので、パス。ゴッホ展は、ゴッホの日本との関わりのクローズアップしていて、ゴッホ&ゴーギャン展と全く違った趣向。しかも、今回の目玉の、ゴッホの「花魁」は、つい7月にゴッホ美術館で見たばかり。こんなに早くまた日本で見ることになろうとは。日本の浮世絵も多く展示されていました。図録が安かったこともあり、つい5千円ほど散財。

このあとは、新宿に移動。お昼はマルイのしゃぶ菜というしゃぶしゃぶ食べ放題の店へ。割と安いので、最近のお気に入り。でも、時間のつごうで、お肉のおかわりできなかった。次回は、後ろに予定を入れないようにしよう。そして、新宿ピカデリーにヤマト見てくる。

5時までには帰宅して、テレビでドラフト会議を視聴。清宮は7球団指名で日本ハムへ。広陵の中村は広島、履正社の安田はロッテへ。有力選手・無名選手が次々指名されていくのは見ていて、楽しい。そして、日本ハムの7位で、すいみ東大の宮台が指名されました。がんばってほしいです。
昼ごはん しゃぶしゃぶ(しゃぶ菜)
晩ごはん パン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

ミュシャ展とバベルの塔展

国立新美術館のミュシャ展と、東京都美術館のバベルの塔展見てくる。
美術展2つなので、朝から出かけて、午後過ぎには戻ってくるはずが、結局1日がかりになってしまった。
帰宅後眠たかったので、そのままばたん。

朝9時半には乃木坂には着いてミュシャ展を見る予定が、朝ゆっくりしてしまい、結局新美術館には10時半頃着く。すると、早くも長蛇の列(開館は10時)。しかも、館の外側までぐるーっと並んでいて90分待ち。ある程度待つの予想していたので、持ってきた新書読みながら列を進む。結局11時40分頃展示室入る。中も混んでましたが。評判にたがわず、すごかった。ミュシャというと、アールヌーボーのポスター的な画風で有名ですが、今回来日した「スラブ叙情詩」はチェコやスラブの歴史上の場面場面を見事に描写してました。作品の一部は写真撮影可能。日本では珍しい。ひと通り見て、ようやく出口を出ると、今度はミュージアムショップが激混み。ポストカードを選ぶだけでも一苦労。レジも長蛇の列。結局、国立新美術館を出たのは13時頃。

次は東京都美術館のバベルの塔展。こちらはそれほど混んでなかったので、ゆっくり見れました。といっても1時間もかからず。でも、ボスやフリューゲルは寓意に富む絵が多く、それなりにおもしろい。肝心のバベルの塔は、最後の展示室にありました。展示にもいろいろ工夫があって。しかし、あのサイズの絵にいろいろなことが描かれていて、その描写力に驚愕。ミュージアムショップでは、バベルの塔の絵を6分割したポストカードのセットとかタオルとかあって、思わず散財。ただ、クレジットカードの使用が5000円以上に限るって。図録を買わないとちょっと無理。まあ、今回は買う気もなかったけど。

このあとは、国立西洋美術館へ。シャセリオー展が明日まで。と言っても、シャセリー展はすでに一度見にきていて。先日、ルーブル美術館行ったとき、シャセリオーの絵がとてもよかったので、やっぱり図録は買っておこうかなと。

昼ごはん 穴子天盛りそば(上野駅周辺) でも、食べたの16時頃
晩ごはん 喜多方ラーメン(調布駅近く) でも、食べたの18時頃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(スーラ)

「あ、スーラだ。やっと見つけた。」

8年前の2009年の1月にオルセー美術館に訪れたとき、一番見たかった画家の絵が、ルノワールでもなくセザンヌでもなくドガでもマネでもなく、点描画で知られるスーラでした。それ以前にも日本の展覧会でスーラの絵画は見たことがありましたが、本場オルセーで目の前にできたのはやはり感動でした。

スーラという画家の名前を初めて知ったのは、小学校4年生のときに読んだ「算数の探検」という本で、ある巻で抽象画をいくつも紹介したものです。なので、そのとき小4にして、クレーとかミロとかモンドリアンとか、カンディンスキーとかいう画家の名前を覚えてしまったのですが、スーラの絵もありました。以来、スーラはわたしの中ではちょっと特別。

8年前は、オルセーの5階の展示室に、スーラやシニャックなどの点描画がまとまって展示されていましたが、今回は2階の展示室に展示されてました。他にもクロスやリュスといった画家の点描画的な作品も展示されててわたしてきには好み。彼らは新印象派と呼ばれるらしい。ただ、シニャックの絵は割りとたくさんあったのですが、スーラは5点ほど。なんでと思ったのですが、スーラは32歳でなくなったのだとか。それでか。残念。写真は1つ目はスーラの「サーカス」2つ目は「アニエールの水浴の秀作」

Img_4422

Img_4421


| | コメント (0) | トラックバック (0)

行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(ルーブル美術館・補遺)

先日、教会での牧師先生との会話。
「ルーブル美術館、どの辺見てきたの?」
「全部ですよ。」
「全部!?」
というわけで、先日は、ルーブルのフェルメール展をクローズアップして紹介したので、もうちょっと全体的な話を。

まあ、正確には、全部見たというより、全部回ってきたのが正しいかも。一点一点丁寧に見て回ったわけではなく、気になった作品でじっくり見るスタイル。それでも、3日間で、計8〜9時間は見て回ったと思います。でも、今回ハムラビ法典見なかったな。なんで見そびれたかな。前回見てるし、ま、いっかな。そういえば、かばも見てないなあ。かばは気をつけてたんだけど。
とにかく、ルーブルはかけねなしに広いです。もうダンジョンです。あ、この辺見てないやと、つい、どっかの展示室に入ると現在位置を見失ったり。フェルメール展の指定の時間が近づいたので、出口を探すもなかなかたどりつかなったり。たりたり。

ルーブル美術館には、リシュリュー翼、シュリー翼、ドゥノン翼のメインの3つの建築物からなります(パンフの写真参照)。それぞれの入り口があるので、1日ごとに各翼を回ればいいかと思ったら、初日からその目論見は破綻して、ついつい各翼を行ったり来たり。初日もドゥノン翼を見ていたはずが、気が付いたらシュリー翼のフランス王家の装飾品や工芸品のところに迷い込んでたり。

一般の人はどうしてるんでしょう(自分が一般人でないとでも)。名画中心なのかな。一応、パンフには人気の作品の場所が書いてあったり、ガイドブックに巡回必勝法とかあったりしますが、わたしはもう割りと行き当たりばったり。有名どころは、通りかかったら一応チェックする感じで。ミロのビーナスとかモナリザとか。でも、ニケはしっかり見ました。聖マグダラのマリヤ像は前回見たとき、思い切り惹かれましたが、今回もやっぱりいいなあと。

今回、8年前と展示場所が変わってるのにも意外と気が付きました。ミロのビーナスは明らかに場所変わってたし(わたしよく覚えてるな)、イスラム芸術は新しく展示場所が作られてました。そういえば、ブーシェ、フラゴナールに代表されるフランス・ロココを見てないなと、探しまくってたら、なぜかそこが閉鎖中。割りとそういうところ多し。工事で閉鎖中という場所もありました。リシュリュー翼の3階とか。
「これ、前に日本に来てたよなあ」みたいなのも。我ながらよく覚えてるものです。そういえば、地上のピラミッドの入り口は混んでたり並んでたりしてますが、入館するとき、地下鉄の駅から来た方が、割りと入りやすかったり。そういう Tipsみたいな発見も、楽しみの一つでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(オルセー美術館)

今回の旅、最後の締めはオルセー美術館。ほんとは昨日の午後の予定だったが、午前に一度ルーブルに行ったせいで、オルセーに寄ってく時間が取れず。幸い、オルセーは木曜は夜21時45分まで開館してるので、最後にやってきました。

Img_4394_2

オルセー美術館はルーブル美術館から歩いて割りとすぐ。ルーブルには18時頃までいてから徒歩で移動。オルセー美術館は1930年代まで鉄道駅として使われていた建物を、その後美術館として活用されたたもの。美術館の建築、特に天井部分の構造を見渡すと、駅舎としての名残りが見受けられます。なので「美と鉄の旅」のフィナーレを飾るにふさわしい(ちょい強引?)

Img_4402

とはいえ、朝からエッフェル塔に始まり、いくつもの美術館を歩き回って、もう足が棍棒状態。なので、気分はもう消化ゲーム状態。1階をなんとなくひと通りみたあと、カフェを見つけて一服。大丈夫、まだ時間はあるぞ。でも、1階にもクールベやらモローとか好きな画家の絵がどーんと飾ってあって、それなりに感動。「Beyond the Stars. The Mystical Landscape from Monet to Kandinsky」という特別展もあって、わたしが来たときはすぐに入れた。て、カンディンスキーもあったのか。気づかなかった。わたしとしたことが。で、出たら、長蛇の列。なんか間がよかった模様。特別展にはゴッホの「星月夜」がありました。とはいえ、やはりこの段階でかなりへろへろ。

ところが!

5階の印象派メインの展示会場で一気に疲れが吹っ飛んだ。ルノワールにモネにドガにマネにセザンヌのmasterpieceがずらり。あの「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」に「オランピア」に「草上の昼食」が目の前に。ルノワールの表情豊かな人物画がいくつもあって、見てて飽きない。中には日本で見たことがある作品も。でも本場オルセーで見るのはテンションあがります。そして、モネの「サン・ラザール駅」。なんかもう言葉が出ないです。このあとは2階の展示室へ。ゴッホにゴーギャン、ボナール、スーラやシーニャンなどを見て回る。そして、再度5階の展示室へ。噛みしめるように各作品を再鑑賞しました。

Img_4404

まだ開館時間はあったが、明日帰る準備もあるので、21時頃で帰途につく。あれ、オルセー駅からホテルの最寄り駅まで、鉄道(RER)一本だったのか。今日の帰りになって初めて知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(ピカソ美術館)

当初、ピカソ美術館は立ち寄る候補に入れてなかった。でも「ピカソ」だしなあ、と、そういうミーハーな理由だけで行ってくりゅ。オランジュリーを見たあと、メトロ1番線でSaint-Paul駅下車。ちょっと駅から離れていたが、ところどころに案内板があったので、なんとかたどり着く。

ここは、ミュージアムパスの対象施設。にもかかわらず、なんかぼけてたのか、入館料払ってしまった。慌ててパスを見せるも、カードの決済が完了してたせいか、笑顔で返される。まあ、美術館に寄付したと思うか。ここは1時間ぐらいで離脱しようと思ったが、割りと広い。17世紀に建てられた「サレ館Hotel Sale」という邸宅を美術館にしたもの。しかも困ったことに、いかにもピカソといった抽象画も多く、おもしろい絵が多い。でも、意外と写真は撮らず。この時期「オルガ展」という特別展が開催されていて、ピカソの妻「オルガ」に焦点をあてて、オルガがモデルの絵もいくつか展示されてました。ここにはなんと5千点ものピカソが作品が収蔵されてるそうです。すげえ。月並みですが「来てよかった。」

最後にミュージアムショップによって、お印的にポストカード数枚とグッズをゲット。して、次は、ノートルダム寺院へダッシュ。

Img_4360


| | コメント (0) | トラックバック (0)

行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(モネの「サン・ラザール駅」)

クロード・モネの「サン・ラザール駅」

オルセー美術館にて。好きな絵の一つです。
これは2014年の国立新美術館のオルセー展のときにも来日していて、そのマグネットを買ってました。モネは「サン・ラザール駅」を題材にいくつか絵を書いていて、2015年の東京都美術館のモネ展でも別の「サン・ラザール駅」が来てました。で、今回、実際のサン・ラザール駅にも寄ってきました。ただ、わたしの見た限りでは、「昔の名残りが残っている」という感じではなく、時の移り変わりはまあ仕方ないところ。それを味わってみるのもいいかなと。

Img_4405


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧