2024年2月23日 (金)

池大雅@出光美術館

寒いけど小雨模様だけど、休日に引き込もるのなんか、やなので、出光美術館で開催中の「池大雅」展、見てくる。大変よかったです。

以前は、日本画とかあまり興味なく、「池大雅」という画家も知らなかった。ところが、美術検定がきっかけで、日本画の展覧会も割りと見るようになった。そして「池大雅」を知りました。今回の展覧会は生誕300年記念とかで。水墨画で、こんなに表現できることに感動。特に気に入ったのが「瀟湘勝概図屏風」という屏風絵。何度も見直しました。でも、ポストカードがなかったのは残念。図録も今回は自重。
あと、出光美術館は、ルオーの絵画とか、世界各地の陶器の陶片の展示室も面白い。

お昼ごはんは、一度食べてみたかった。この建物地下にある宮崎牛のステーキ屋さん。

昼ごはん 宮崎牛の赤身ステーキ(霧峰)
晩ごはん   とんかつ

| | コメント (0)

2024年2月11日 (日)

3連休中日(ウスター美術館展@東京都美術館)

午前中は、つつじヶ丘キリスト教会で礼拝出席。

昼からは東京都美術館へ、ウスター美術館見てくる。
今月後半の天皇誕生日あたりで行こうかなと思ったが、この3連休あまり出歩かないのもなんだかなと思ったので、リフレッシュも兼ねて見てくることにした。しかも、3連休中日の午後2時に時間指定で予約。絶対混んでると思ったので、少し時間ずらして入場したけど、混んでました。
最初の階の始めの方の絵なんて、ほとんど近寄れず。1階、2階は少しはましかなという感じ。個人的には、シスレーとかコローとか好きな画家が出展されてたのはうれしかった。他にも知らない画家の作品でも、構図のいい佳作が多かった。特にソーンの「オパール」。スウェーデン出身の画家らしい。

国立西洋美術館が無料入館だったので、ついでに見てきた。先月も見てるんだけどね。

昼ごはん ゆずしょうゆラーメン、餃子(Haggy)
晩ごはん かき揚げ、そば(上野駅)

続きを読む "3連休中日(ウスター美術館展@東京都美術館)"

| | コメント (0)

2023年11月18日 (土)

アーティゾン美術館 & 太田記念美術館

午後は美術館2つをはしご。

アーティゾン美術館は、山口晃という画家の企画展が開催中。でも、これが目当てではなく、まあ、面白かったけど。入館者も割と多かった。で、「読書する女性」というモチーフの企画展が本来の目的。こういうテーマ好きなので。明日までなので、どうしても見たかった。
太田記念美術館は、葛飾応為の絵が目的。こちらも明日まで。行くと、外国人がたくさん並んでいてびっくりしたが、団体客だったので、入館手続きに時間がかかっていただけで、ほどなく入館できた。ここはこじんまりした美術館なので、30分ほどで出る。でも、肉筆画の浮世絵がテーマということで、見ごたえはあった。クリアファイルとポストカードを買ってく。

夜は、旧友のてらきんさんと合流して、焼肉の晩ごはん。そのあと、湯楽の里で、まったりと風呂につかる。

昼ごはん 辛あんかけうどん(ごんべえ)
晩ごはん 焼肉(ホルモン焼肉)

| | コメント (0)

2023年11月12日 (日)

インド細密画@府中市美術館

礼拝後、府中市美術館の特別展「インド細密画」見てくる。
インドの絵画がテーマというのは珍しい。
ほとんどがはがき大の絵。にもかかわらず、細かい細かい。
「細密画」ということもあって、思わず、目を近づけて見てた。
常設展もよかった。あと、図書室も充実してた。

府中に来たので、帰りはらいおんで食べてく。

昼ごはん チリトマラーメン3辛、餃子3個(Haggy)
晩ごはん らいおんラーメン、餃子3個(らいおん)

| | コメント (0)

2023年10月21日 (土)

出光美術館

裏の仕事帰りに、日比谷の出光美術館に寄り道。

目当ては、特別展「「江戸時代の美術 「軽み」の誕生」。会期が明日まで。

以前は、日本絵画にはそれほど興味なかったのですが、美術検定のせいで(笑)、見るようになりました。今回は屏風絵が充実してました。昔の人って、水墨画で、なんでこんなに鳥の躍動感を出せるのか、すごい。あと、酒井抱一の屏風絵も見事で、見ごたえありました。

とりあえず、今回も二周しました。

帰りは、新宿から京王ライナーで帰る。

昼ごはん ごまごんもり(ごんべえ)
晩ごはん ハムサンド、目玉焼き、ウィンナー、味噌汁

| | コメント (0)

2023年10月14日 (土)

美術館2件

午前、礼拝出席。
午後は、美術館2件をはしご。

国立西洋美術館「ポンピドゥー・キュビズム展」
キュビズムの歴史がわかって面白かった。でも。意外と空いてた。
ドローネーという画家は新しい発見だった。もう一度、見に来たいところ。
常設展も印象派を中心に駆け足で鑑賞。

東京国立博物館「やまと絵-受け継がれる王朝の美-」
意外と空いてたけど、絵巻物の前では列ができてた。
常設展では、近代日本関係を駆け足で鑑賞。

夜は橋本で映画鑑賞1本。

昼ごはん おにぎり・唐揚げ(上野駅)
晩ごはん きつねうどん・ミニカレー(橋本駅)

| | コメント (0)

2023年10月 8日 (日)

町田市立国際版画博物館

午前はつつじヶ丘キリスト教会で、礼拝出席。
柴崎のHaggy で昼ごはん。今日は胃の調子がよかったので、REDの麺大盛り。ライスも並。

午後は、町田市立国際版画博物館へ。町田駅から徒歩15分。ちょっと歩いた。町田市立国際版画博物館は前々から興味はあって、今回、近場になったこともあり、出かけてみた。「楊洲周延」という浮世絵師の特別展。「楊洲周延」今回初めて知った。でも、明治時代の様々な世相や風俗を錦絵にしていて、なかなか見応えがあった。帰りはシャトルバスがあるというので、それで町田駅まで戻る。

夜は衣替えをと思ったが、結局あまりできず。明日やろう。とりあえず、埃っぽくなってきたので、床掃除だけやる。

昼ごはん RED大盛り,餃子(Haggy)
晩ごはん きつねうどん(でも、食べたのは午前1時過ぎ)

| | コメント (0)

2023年9月16日 (土)

テート美術館展

今日から9連休。来週年休平日4日間は年休したので。まあ、年休中は名古屋に出かけてるんですが(わかる人にはわかる)

国立新美術館のテート美術館展に出かける。なんか久々の美術鑑賞。
実は、教会関係の友人経由で招待券をいただきました。

国立新美術館の最寄り駅が東京メトロの乃木坂駅ということもあり、今回は橋本駅から多摩センター経由で小田急に乗り換えて、乃木坂に向かうと楽。

イギリス絵画といえば、ターナーやコンスタブル、そしてダービーですが、加えてブレイクとシスレーとかカンディンスキーもあって個人的には満足。ほぼ開館直後に到着。客足は、まあ普通かないう感じですが、それでも前半の絵画の展示ではそこそこ混み合っていて、後半の現代美術は非常に空いているという感じでした。ミュージアムショップでは、図録は今回はパスしたものの、 思わず、カンディンスキーのソックスと、あと、ブランケットを衝動買いしました。ブランケットは、仕事部屋が冷房で寒いので、

このあと、新宿ピカデリーに行くので、ここで軽く昼ご飯。1階のカフェでヒレかつサンド600円、高っ。カフェオレも610円だったし。

昼ごはん ヒレカツサンド
晩ごはん チキンセット(豚珍館)

| | コメント (0)

2023年7月 8日 (土)

「空間体感!動き出す浮世絵展 NAGOYA」

に行ってきました。場所は、金山南ビル美術館棟(旧名古屋ボストン美術館)。今日が開催初日。の割には空いてました。以前、武蔵野ミュージアムで開催された「動くゴッホ展」とは、ちょっとイメージでしたが、とても楽しめました。思わず、がっつり鑑賞。建物の中の4階と5階が展示会場だったのですが、勘違いして5階→4階の順番で視聴。5階を見ているときは、浮世絵という割には美人画が少ないなあと思ったら、4階に「雅」をテーマに紹介されました。写真可だったので、いろいろ撮りました。特に、4階の北斎の「沖白浪」の動画は見ていてほんと飽きないです。
日本の浮世絵は、日本の四季、花鳥風月、当時の風俗を伝える役割を果たしていうことを改めて実感しました。
昼ごはん 焼肉
晩ごはん かやくごはん

| | コメント (0)

2023年6月24日 (土)

アンリ・マティス展

朝イチバンで、東京都美術館のアンリ・マティス展を見てくる。

面白かった。以前は、そんなにアンリ・マティスは興味なかったんですが。

ちなみに、今回のマティスの作品はほとんどパリのポンピドゥーセンター所蔵のもの。5月にポンピドゥーセンターに行ったけど、実はマティスの作品はすでに日本に送られていたとのこと。最近知ったのですが、ポンピドゥーセンターは近々改装だそうで、それで、今回の特別展が実現したんだとか。そういえば、今年は、西洋美術館でポンピドゥー展があるのも、そういう理由かな。

ミュージアムショップでは、図録は自重。気に入った絵のポストカードと、5200円のTシャツを衝動買い。

昼ごはん 白身魚フライ定食(まるや)
晩ごはん 中華料理(夜来香)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧