« 君たちはどう生きるか | トップページ | オッペンハイマー »

2024年3月30日 (土)

美術館めぐり

久々に羽目外す。午前から美術館めぐり。

まずは、竹橋の国立近代美術館
目当ては、「美術館の春まつり」でも、企画展の「中平卓馬 火-氾濫」も見ていく。岸田麗子のコーナーも面白方。岸田劉生の娘の岸田麗子も画家だったことを初めて知りました。

ついでに隣の国立公文書館。「夢見る光源氏」。ここはさらっと流す。でも、また機会があれば、ゆっくり見たいところ。

お昼ごはんをはさんで、上野に移動。

次は、物議をかもした東京芸大美術館の「大吉原展」。和装姿の女性が目立ちました。

最後は、国立西洋美術館の「ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?――国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ」。西美には珍しく、現代美術の企画展。ひとこと、いやあ、西美せめてるなあ。常設展もさらっと見てくる。

帰りには、新宿のブックファーストによって、帰路につく。

昼ごはん ヒレカツミックス定食(まるや)
晩ごはん 天ぷらうどん

 

|

« 君たちはどう生きるか | トップページ | オッペンハイマー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君たちはどう生きるか | トップページ | オッペンハイマー »