« おしのびプランニング | トップページ | 東洋文庫、とーはく、アーティゾン、三菱一号館(おしのび上京2日目) »

2020年9月18日 (金)

東京都美術館 & 国立西洋美術館(おしのび1日目)

今日明日おしのび上京。こそこそしてますが、ここまで一応自重してきたし、大物の仕事がひと息ついたので許しいほしい。もちろん現地では注意しますので。
朝8時3分多治見IC発の高速バスで東京へ。ところが10分ほど来るのが遅れる。しかもわたしの席の隣に乗客。てっきり密をさけて、空席だと思ってました。バスの方は、都内で渋滞もあり、新宿到着が30分ほど遅れる。

とりあえず、ダッシュして千駄ヶ谷のホープ軒へ。初めてチャーシュー麺を注文。ところがチャーシュー多かった。ノーマルのラーメンでよかったかも。でも、やっぱ、ホープ軒のラーメン美味いです。食べ終えると銀座線の外苑前駅に向かう。銀座線で上野へ異動。

まずは、東京都美術館で22日まで開催の「THE UKIYOE 2030」。わたしは発売開始日に時間指定チケットを購入しましたが、行くと最終日まで売り切れの表示。早々に予約しておいてよかった。大田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団の3大コレクション展から450展が展示ということで圧巻でした。わたしになじみのない絵師も展示されていて、いろいろ勉強になりました。ただし、図録は自重。ポストカードいくつかと北斎の絵をあしらったマスクを購入。

次は、今回のメインディッシュ。国立西洋美術館のロンドン・ナショナル・ギャラリー展。ようやく、ようやく見ることができました。以前聞いてた話だと、時間指定入場でもかなり待たされたと聞きましたが、わたしのときはそんなことはなく、割とすぐに入場。中も割と落ち着いていました。わたしは最前線で見るタイプでないので、並んで見てる人たちから一歩さがって眺める感じ。フェルメールの絵は、ルーブルで一度見ているとはいえ、やっぱりうれしい。でも、そんな人だかりという感じではなし。肖像画なんか迫力のある絵が多かった。風景画は好みのモチーフ最後の展示室にゴッホのひまわりが展示されていた。ゴッホといえば「ひまわり」が定番ですが、正直ひまわりのよさって何だろう。この機会にいろいろ特徴を捉える感じで鑑賞。図録はすでに通販で買ったので、ポストカードとクリアファイル(ベタにひまわり)、あとマルチクロス(フェルメール)を購入。3千円以上買ったのでおまけがつきました。結局いたのは1時間くらい?でも、3周ぐらいしたので、まあ満足。このあと、常設展をさらっと流す感じで見る。でも、いい絵多いんだよなあ。ここの常設展。

このあとは、新宿に向かう。上野駅の公園口ががらっと変わっていてびっくり。新宿ではブックファーストでいろいろ買って、久々に豚珍館で晩ごはん。しかし、年を重ねるにつれて、豚珍館のとんかつ、しんどくなってきました。

重たいおなかを抱えながら、新宿御苑前の東横インにチェックイン。1泊無料券が未使用のままだったので、この機会に。

昼ごはん チャーシュー麺(ホープ軒)
晩ごはん とんかつ(豚珍館)

|

« おしのびプランニング | トップページ | 東洋文庫、とーはく、アーティゾン、三菱一号館(おしのび上京2日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おしのびプランニング | トップページ | 東洋文庫、とーはく、アーティゾン、三菱一号館(おしのび上京2日目) »