« フェルメール&ルーベンス | トップページ | 中央高速バス »

2019年1月19日 (土)

ロマンチックロシア@Bunkamura

Bunkamuraミュージアムで、「ロマンチックロシア」鑑賞。
この秋冬は「フェルメール」「ボナール」「ムンク」とか魅力的なのが多過ぎ。昨日今日で見たい美術展をなんとかひと通り攻略できました。
で、「ロマンチックロシア」いやあ、めちゃくちゃよかった。ロシア絵画恐るべし。ほとんど知らない画家ばかりでしたが、それでも、北の大地のロシアの自然と人々の生活が伝わってきました。なんかもう見てて飽きない。思わず、図録買っちゃったよ。今日は自重するつもりだったのに。
音声ガイドが諏訪部潤一。「アーチャーかよ。」と思わず借りた。普段はあまり、音声ガイド借りないんですよ。でも、あまりアーチャーしてませんでした。
今回、インターネットでチケット購入。100円安くなるのはいいけど、半券が残らないのはちょっと不満。

そして、今回も図録とかポストカードとか散財。図録の表紙は「忘れえぬ人」というタイトルで「北のモナリザ」とも呼ばれています。この展覧会のキービジュアルと言っていい作品。でも、わたし的にはクリアファイルの「月明かりの夜」が気に入って、チケットホルダーはこの図柄を選択。他には、クロスとかポスカード7種。中野京子さんの新書本もつい衝動買い。
昼ごはん ヒレカツ丼セット(小諸そば@九段下)
晩ごはん お好み焼き(竹とんぼ)

さらに、松濤美術館で「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」を鑑賞。
美術好きの知人から、「文化村行くんだったら、松濤美術館」行くといいよ。というので、行ってみたら、割と面白かった。「廃墟」をテーマに、古典から日本画、現代画まで幅広く展示。デルボーもいくつか展示されてて、デルボー好きなわたしはなんかうれしい。しかも、入館料は500円。安い!

|

« フェルメール&ルーベンス | トップページ | 中央高速バス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロマンチックロシア@Bunkamura:

« フェルメール&ルーベンス | トップページ | 中央高速バス »