« デレステ | トップページ | 読了 »

2018年8月12日 (日)

「デルフト眺望」

「デルフト眺望」は、フェルメールの絵画作品の一つ。マウリッツハイス美術館に収蔵・展示されている。昨年7月にオランダのデン・ハーグに立ち寄った際、念願だった「真珠の耳飾りの少女」と再会。さらに、その左側の壁に展示されていた「ディアナとニンフ」も鑑賞することができた。ところが、「デルフト眺望」もこの美術館に展示されていることをあとから知った。ひと通りどころか、ふた回りして見てるので、展示されていれば、絶対見てるはず。どこに展示されていたんだろう。

と思っていたら、今日「フェルメール巡礼」という本を読んでいたら、衝撃の事実が発覚。「デルフト眺望」は、真珠の耳飾りの少女」と同じ展示室にあったらしい。しかも、「真珠の耳飾りの少女」と反対側の壁に展示されていたらしい。なんで気づかなかったんだ。たいてい、気になった絵は、作者や年代をチェックするのに、「デルフト眺望」の場合はなぜかスルーした模様。そもそも、これがマウリッツハイスにあることをチェックしてなかった。まあ、これも思い出というものか。

さて、10月から上野の森美術館で開催される「フェルメール展」。2月16日から大阪市立美術館で「大阪展」が開催。これには、アムステルダム美術館の「恋文」が初来日。でも、これ、すでに現地で見てる。なかなか増えないなあ。

|

« デレステ | トップページ | 読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142483/67049310

この記事へのトラックバック一覧です: 「デルフト眺望」:

« デレステ | トップページ | 読了 »