« 行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(ストラスブール探訪) | トップページ | 行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(ギュスターブ・モロー美術館) »

2017年5月10日 (水)

行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(シテ科学産業博物館)

5月10日(水)、午前中はルーブル美術館を訪れたあとは、午後、パリ近郊北東部にあるシテ科学産業博物館。昼食を取った美術館近くのラーメン屋ひぐまの近くのPyramides駅からメトロ7番線で約20分、Porte de la Villette駅下車。

現在の建物は1986年にできたらしいが、1970年以来の歴史があるらしい。荷物チェックの入り口こそ人が並んでいたものの中は平日の午後らしくがらんとしてた。ここもミュージアムパスで入れます。中は非常に広々としている。14時からと15時の回のプラネタリウムを見ることにして、合間に展示をいろいろ見る。ハンズオン的な展示が多く、映像を使った展示もあり、時間があればゆっくり回りたいところ。ユニークと思ったのは、音の展示で「これは何の音(声)」というのがあった。あとは、お決まりの天文・地球関係、乗り物関係を見て回る。

プラネタリウムは別料金ではなく、整理券を自動機で発行するスタイル。時間を指定して、見るスタイル。14時からはフランス語だけ、15時からの番組は英語音声ガイドがあるというので、2回とも見ることにした。でも、うっかり音声ガイドをもらうのを忘れて、結局フランス語で聞くはめに。15時からの方は、宇宙の爆発をテーマにしたもので、太陽フレアの話題も登場。投映前はスライド形式で、天文のトピックを紹介してました。プラネタリウムのドームは非常に大きく(定員300人くらい?ちょっと記憶怪しい)、なんか低く感じました。プラネタリウムとは別にドームシアターがあるらしいのですが、そちらまでは見ず。

帰りにミュージアムショップに寄って、星座早見盤や天文書をゲット。さらに、ひのでのナノブロックも発見。しかし、1個12.9€(1600円)。日本だと1個600円くらいなのに。在庫たくさんあったけど、買う人いるんでしょうか?
Img_4264


|

« 行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(ストラスブール探訪) | トップページ | 行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(ギュスターブ・モロー美術館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(シテ科学産業博物館):

« 行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(ストラスブール探訪) | トップページ | 行くぞ!ルーブル大作戦〜緑軌跡の美と鉄の旅〜(ギュスターブ・モロー美術館) »