« 飛騨牛カツ | トップページ | 国立新美術館「印象派を超えて―点描の画家たち」 »

2013年11月17日 (日)

美里祭り @ NHKホール

「あれ?どこだったっけ?」とうちに帰ってから、気が付いたがなんかみつからない。あれがないと今晩出かけられない。もしかして、職場かと思い、礼拝後に自分のオフィスに出かけたら、「あったー。よかったー」わたしがいつも持ち歩いているクリアフォルダーに挟まってました。珍しくオフィスに置きっぱになってました。

 開演は17時半なので、心置きなくここでひと仕事してから出かけました。10月から、ワルシャワ→特別公開→科研費申請→そして先週の高山の国際会議と慌ただしかったので、ちょっと自分にご褒美です。だいたい2年に1度くらい行くのですが、今年は5月の野外ライブに行ってるので2度め。まさか一般販売で取れるとは思わなかった。場所はNHKホール。

渡辺美里も47。わたしと同い年。なので、ファン層も周囲は40代50代ばかり。席は割りと後ろでしたが、それでもよく聞こえました。今回は、落ち着いた聞かせる歌が多くてとてもよかった。わたしには珍しいのですが、ツボにはまった選曲でなんどもうるうるする場面も。
「世界で一番遠い場所」「Believe」「My Revolution」「10yeas」なんて、いっしょに歌おうとしても、声がうわずってしまって。極めつけが「悲しいね」。冬が近いから歌ってほしいな、と思ってましたが出ました。これは周囲も聞き入ってましたね。「一番の勇気はいつの日も自分らしく生きること」この歌詞に何度励まされたことか。過去生で聞いた中で、最高の「悲しいね」でした。
アンコールは「スピリッツ」「恋したっていいじゃない」「サマータイム・ブルース」「Lovin’ you」の4曲。
これで、「いつかきっと」「太陽は知っている」「夏が来た」がさらに出てたら号泣ものでした。(まあ、それは贅沢というのも) 今回は来て本当によかった。

え、来年5月に日比谷の野外音楽堂? 行けるかなあ。
昼ごはん 特製豚まん、フランクフルト(セブン-イレブン)
晩ごはん きつねそば、ミニカレー(渋谷そば)

|

« 飛騨牛カツ | トップページ | 国立新美術館「印象派を超えて―点描の画家たち」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美里祭り @ NHKホール:

« 飛騨牛カツ | トップページ | 国立新美術館「印象派を超えて―点描の画家たち」 »