« 大雪、でも、牛タンは食べる | トップページ | 年賀状整理 »

2013年1月14日 (月)

読了

「ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング」川原礫(電撃文庫)

 出張先からの帰りの新幹線と、帰宅後自宅で一気に読了。これ出てすぐ買ったのになかなか読み進められませんでした。原因は冒頭に搭乗する登場人物のライオスとジーゼック。どうも生理的に受け付けられなくて、敬遠してて。しかもとあるシーンではラノベでその展開は勘弁してくれー、てな感じで。まあ、その展開は割けられたが、逆に展開が一気に変わった。これまでのオンライン・ゲームとは違う展開にわたしがちょっと乗り切ってない感じ。GGOとか面白かったしなあ。もう、なんか、じれったい。いい加減、キリトを元の世界に戻してほしい。でも、次巻で完結するのだろうか。2ヶ月に1冊に刊行ということだから、次巻が出るのは半年後かあ。

|

« 大雪、でも、牛タンは食べる | トップページ | 年賀状整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読了:

« 大雪、でも、牛タンは食べる | トップページ | 年賀状整理 »