« 009 RE:CYBORG(4回目) | トップページ | 中畑清監督の仁美夫人死去 »

2012年12月 5日 (水)

巨匠たちの英国水彩画展@Bunkamuraザ・ミュージアム

 前々から気になっていたのですが、なかなか時間が取れなかった。今週末までなので、仕事を(珍しく)17時半で切り上げて、見てきました。「巨匠たちの英国水彩画展」場所は渋谷のBunkamuraザ・ミュージアム。自分好みの画風なので、なんとか見たかった。マンチェスター大学のウィットワース美術館所蔵の水彩画ということでがなんと157点が展示されてました。こういう展覧会って、80点から90点ぐらいが普通だと思うのですが、157点てなんかすごい。結局18時15分頃入館して、30分ほどで見回りました。わたしは特設展はいつもこのぐらいのペース。とても空いてて、一つ一つの絵を真近で見ることができました。特に、ターナーよかったよ、ターナー。ブレイクがあったのもなんか意外。

 で…、うわー、散財した。図録も買ってないのに、4450円消費って、なんか間違ってる。土曜にリヒテンシュタイン展行って、図録やTシャツ買ったので自重しようと思ったに。ポストカード(¥150/枚)なんて4枚しか買ってないのに。つい、マウスパッド(¥1600)とかキーホルダー(¥800)が気になってしまって。あとクリアファイル(¥350とか)。そして、ブックマーク(¥350)もいい感じのがあったので2枚購入。コミケに出かける人って、こんな感じ?
昼食 カルビスープ定食
夕食 唐揚げ野菜炒め(食神)

|

« 009 RE:CYBORG(4回目) | トップページ | 中畑清監督の仁美夫人死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨匠たちの英国水彩画展@Bunkamuraザ・ミュージアム:

« 009 RE:CYBORG(4回目) | トップページ | 中畑清監督の仁美夫人死去 »