« 天地明察@秋分の日 | トップページ | 今月の会計監査 »

2012年9月23日 (日)

読了

「珈琲店タレーランの事件簿」岡崎琢磨(宝島社文庫)

 エピローグが一番おもしろかったかなあ。終盤の展開は「え?」「やられた」と思う部分もだったけど、今一つ乗りきれなかった。文章レトリックを駆使してるのはわかったけど。まあ新人の作品ということで、今後に期待でしょうか?主人公に今一つ感情移入できなかった。
 クリスティでも読んで口直ししたいところ。

|

« 天地明察@秋分の日 | トップページ | 今月の会計監査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読了:

« 天地明察@秋分の日 | トップページ | 今月の会計監査 »