« 歴史的瞬間! 〜斎藤佑樹に勝った日〜 | トップページ | お片付け »

2010年10月 2日 (土)

「BECK」見てきました。

 神宮のあとは新宿の映画館へ。「BECK」を見てきました。なかなか、いや、とてもおもしろかった。「BECK」はもともと月刊少年マガジンで毎月読んでたので、映画になると聞いて、前々から見に行こうと思って、ようやく実現。特に「グレイトフルサウンズ」の場面をどう描くのかが気になって。
 新宿の映画館で週末だから混むかなあと思いましたが、スクリーンがでかかったので見ごたえがありました。原作を読んでた身としては、この映画、配役の妙を感じました。
 南竜介が水嶋ヒロ、まじか?金髪のベースの平が向井理。ところが違和感なくて、しばらく、水木しげると同一人物だというのをすっかり忘れてました。千葉役の桐谷健太も存在感抜群。主役のコユキより、こっちの方に見入る。サクも原作と違和感なかったし。この辺が配役の妙。あの斎藤さんもカンニング竹山はまり過ぎです。レオンサイクスもこんな似た人どうやって見つけたんだと、ほかにも、ほかにも、上げると切りがない。
 ただ残念なのは、コユキが実際には歌ってなかったこと。原作を活かした、と言えばそうなんでしょうし、この辺は見る方の判断がわかれるところかも。私としては別人でもいいから(マクロスFのように)、ちゃんと歌ってほしかった。それでも、最後の曲は歌がないのを忘れるほど画面に引き込まれてました。
 いい映画だったと思います。

|

« 歴史的瞬間! 〜斎藤佑樹に勝った日〜 | トップページ | お片付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「BECK」見てきました。:

« 歴史的瞬間! 〜斎藤佑樹に勝った日〜 | トップページ | お片付け »