« じんぐう観戦 | トップページ | 金沢おでん »

2010年9月23日 (木)

そんなにはまってるのかあ。

はい、はまってます。ここ2,3年のマイブームでしたね。
何の話かというと、発端は知人のツイッターのツイートで
「空の境界、借りてきた」に対して
「全巻持ってます」(しかも全巻初回限定版)
「全巻持ってるのかあ」
さらに
「しかも、全話見に行ってます」
「全話見に行ったのかあ」
「しかも、第2話と第7話は2回、見に行ってます」
「そんなにはまってるのかあ」(でも、全部当日券)
あ、リミックスも見に行ったっけ。

私の場合、原作から入ったのが発端。
でも、割とあとからで映画化の話が出た頃に読みました。
で、主題歌のシングルCDは全部買った。
(おかげでKalafinaにはまった。元から梶浦は好きだったっけど)
後日譚の「未来福音」も買った。(二人の娘が登場します)
一迅社のコミックアンソロジー7巻とも購入。
角川のアンソロジー2冊購入。電撃のアンソロジー1冊購入。
こんなとこですかねえ。

ラジオCDほしいんですけど、ちょっとそこまで手が回んなくて。
「空の境界」が発端で、月姫とかFateとかもレンタルで見て、
タイプムーンAはVol2.以降毎号買ってます。

でも、ブルーレイBOXだけはやっぱり手が出せません。
出世したら買うかも。そのときに残ってるかどうか怪しいけど。
昼食 カレーライス、チキンカツ
夕食 金沢おでん

|

« じんぐう観戦 | トップページ | 金沢おでん »

コメント

「矛盾螺旋」2回目見たら分かってきました。矛盾螺旋に限らず、「空の境界」何度か見ないとなかなか分かりませんね。「矛盾螺旋」は、映像技術も凝っていた(あちこちに螺旋のモチーフを使ったり、ドアを開けるシーンを過剰なまでに繰り返して時間の反復を表してみたりしてましたが、原作ではどうなっているのでしょう?
あ、自分で読めばいいのか。

投稿: ふく | 2010年9月30日 (木) 04:35

わたしは原作から入ったので、そうでない人はどういう印象を持ったか気になるところです。
ちなみに、上記のシーンは、ひねた見方をすると、2時間引っ張るために、箇条にリピートしたんじゃないかと思ったりして。
それでも、あの螺旋ビルはよくぞ、映像化できたなと。

あと、ネタバレですが、忘却録音はかなり原作から設定が変わってます。
痛覚残留が原作とほぼ同じ設定なのに、穏便な展開に済ませたなあ、と。
それでも、第5話の予告の鮮花には日本中が悶絶したそうです。

投稿: 緑軌跡 | 2010年10月 1日 (金) 02:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そんなにはまってるのかあ。:

« じんぐう観戦 | トップページ | 金沢おでん »