« ブラック★ロックシューター | トップページ | 接待?いえ慰労です。 »

2010年8月 6日 (金)

リベンジ!「オルセー美術館展2010」

 朝から乃木坂の国立新美術館へ。今週火曜(休館日)に出かけて敗退した「オルセー美術館展2010」を観るため。乃木坂駅に着いたのが9時50分だったので、ちょっと並ぶかなあと思ったと思ったら、まだがらがら。どうやら10時前には開館していたらしく、余裕で入場。しかも、乃木坂駅には6番出口とか出来てて、外に出ずとも新美術館に直接入館できるようになってました。いったい、いつのまに。
 ちなみに、私が美術館が出るときには長蛇の列。こんな感じ。20分待ちのアナウンスが流れてました。よっしゃあ、なんか、勝利者の気分。

Zzor

 今回のオルセー美術館展、正直なかなか見ごたえがありました。昨年パリで実際にオルセー美術館を訪れたこともあり、「あ、この絵実際に見た」「あれ、この絵はあったっけ?」といろんな観点で鑑賞することができました。
 入場するとまず、モネやドガの絵が数点展示。これがイントロダクションというセッティングか、さすがにここでは人がたまってました。次のフロアはが「スーラと新印象主義」というテーマで、スーラに代表される点描画がいくつか展示。本場のオルセーでも見ましたが、今回のスーラは小さめのものが展示。それでも「サーカス」を実際に見る初めて。これもこんなに小さな絵だったのかと。スーラはそれほどメジャーでないと思ってるのですが、ここでも人だかり、名残惜しいが先へと進む。でも、スーラ最高。
 次のフロアはセザンヌがメイン。さすがセザンヌは知名度高し。ここでも人だかり。そんな中、ドニの「セザンヌ礼賛」は印象に残りました。
 次のロートレックはさらっと見て、5番目のフロアはゴッホとゴーギャン。この辺に来ると割と空いてます。特にゴッホの「自画像」と「星降る夜」が来ていたのは驚き。国立新美術館いい仕事してます。ちなみに、ゴーギャンは定番のタヒチ関係は1点のみで、あとはタヒチ前の作品が多かった。
 ほかにもいろいろ目を引くものはあって、例えば、ギュスターブ・モローの「オルフェウス」、それからルソーの「蛇使いの女」。これらが見れたのはうれしい。あと地味なら気にいったのは、ハンマースホイの「休息」。これは女性が椅子に座っている後ろ姿で、色合いもシックなのですが、気をひきまました。ポストカードもあったので購入。
 実は、10分ほどでひと通り見てしまったので、そのあと2回ほど順路を往復して反芻しました。いやもう満足満腹。無理して来たかいがありました。

 ミュージアムグッズは図録を含めてちょっと大人買い。占めて8千円ちょいを散財。カードで払おうとしたら、JCBはだめと言われ、国内でも使えん>JCB。
Dorsay_2
 図録は立派な装丁ながら2300円。お、意外と安い。ポストカードは1枚150円。うーん、ちと高い。こちらは4枚。購入。あと、クリアファイル、ストラップ、一筆箋、ペンケース(緑色にひかれました)、マグネットなど。
 買い物をしながら、これって、コミケなんかでグッズあさりをしている輩と何が違うんだろうと我ながら苦笑い。
昼食 キャベツと鶏肉のパスタ
夕食 たぶん、カレーうどん

|

« ブラック★ロックシューター | トップページ | 接待?いえ慰労です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リベンジ!「オルセー美術館展2010」:

« ブラック★ロックシューター | トップページ | 接待?いえ慰労です。 »