« mind As Judgment | トップページ | 甲子園順延 »

2009年8月 7日 (金)

読了

「狼と香辛料V」支倉凍砂(電撃文庫)

 今回はちょっと時間がかかりました。1週間ちょっとかな。この巻は現在放映中のアニメのセカンドシーズンの後半部分にあたるので、いい予習になりました。この巻の注目はやっぱ、元没落貴族の女商人のエーブ・ボラン。これまでにない登場人物なので、際だちました。アニメでは中の人を朴璐美がするらしいので、どんな演技をするのか楽しみ。朴璐美というとハガレンのエドのイメージが強いが、エーブは明るさから離れたキャラなので。さてさて6巻を注文。
 しかし、つくづく作者さんに一度会っていろいろお話したいけど、出現してくんないかなあ。
昼食 かき揚げ天うどん(箱根本陣)
夕食 豚焼肉定食(松屋)

|

« mind As Judgment | トップページ | 甲子園順延 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読了:

« mind As Judgment | トップページ | 甲子園順延 »