« 箱根駅伝復路 | トップページ | にづくり »

2008年1月 3日 (木)

読了

「東大生はどんな本を読んできたか」永嶺重敏(平凡社新書)

なかなか読み応えがありました。著者は大学の図書館の司書という方。よくぞ、これだけ調べたという感じ。「東大生の…」という題ですが、大学生の大衆化というのは、かなり後(高度経済成長以降)の話なので、イコール当時の大学生がどんな本を読んでたか、というのに通ずる気がします。

|

« 箱根駅伝復路 | トップページ | にづくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読了:

« 箱根駅伝復路 | トップページ | にづくり »