« 診療所へ | トップページ | ほんの一冊 »

2007年4月 3日 (火)

エマ(8)

 しんどい、と言いつつ、帰りに芳林堂に寄る。目的は「ゆびさきミルクティー」の新刊だったのだが、見つからず。白泉社のサイトを見に行くと、どうやら、発売延期になった模様。ところが、新刊コーナーを物色していてびっくり。「え、エマの8巻?」エマは7巻の完結したはずでは。なんと、「エマ」の登場人物たちによる番外編シリーズとのこと。わたしとしたことが、知らなかった。ダ・ヴィンチでも見過ごしてました。だから、この巻にはエマ自身は全く出てきません。それでも、当時のイギリスの社会というか習慣というか風物というのがにじみ出る一冊に仕上がってます。

|

« 診療所へ | トップページ | ほんの一冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エマ(8):

« 診療所へ | トップページ | ほんの一冊 »