« 部屋片付け | トップページ | 緑軌跡風とは »

2007年1月22日 (月)

血液採取

 召還されて保健室へ。昨年受けた健康診断がひっかっかたもの。再度、診断を受けてその結果、そのまま血液検査をすることに。まあ、年が年なので、何度検査を受けるに越したことはない。待っている間、血圧をはかってみると、161ありました。なんか高いです。大丈夫か>わたし。さらに、看護師さんが、採血をしようとするとなかなか血が出てこない。昔から、なぜかわたしの献血や採血で苦労するかたが多い。この看護師さんも、非常にあせってましたが、右腕から左腕に変えて、ようやく採血が完了しました。

 さて、わたしの前で診断を受けていた人。どっかで見たことがあるような。あっ、某有名ジャーナリストの方。思わず、看護師さんに「さっきの人、誰々ですよね」と聞きましたが、「何と答えていいのやら」まあ、そうですね。個人情報ですから。でも、カーテンの向こうから聞こえてきた独特の声は確かに誰々でした。声をかけて、ごあいさつしたい衝動に駆られましたが、わたしは上の通り、採血に時間がかかっていたので、達成せず。まあ、またチャンスはあるでしょう。でも、そのときは何を話そう。会話が成立するか心配。
昼食 サービスうどん(第一食堂)、海鮮焼きそば(フォーベト)
夕食 豚肉とほうれんそうの緑軌跡風

|

« 部屋片付け | トップページ | 緑軌跡風とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 血液採取:

« 部屋片付け | トップページ | 緑軌跡風とは »