« ちょい、聖研サークルへ | トップページ | ドイツ3位 »

2006年7月 8日 (土)

聖書研究

 朝9時から、つつじヶ丘教会で「男性聖研」。男性だけで行われるので男性聖研。いつもは牧師先生合わせて4,5人の参加者だが、この日は新顔の方が二人参加して7人の参加者となりました。ちなみに、わたしはこの日15分遅刻して現れて非難ごうごう(笑)。今日の聖書の箇所は、新約聖書のヨハネの福音書の8章1節から11節。一人の罪を犯した女が、律法学者とパリサイ人によって、イエスの前に引き出されるという箇所。映画「パッション」では、この女がマグダラのマリヤという設定になってました。聖研は当時の社会背景を交えながら進み、なかなか充実したものでした。この箇所は「罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」にイエスのことばに集約されています。 昼食 タンメン、チャーハン、餃子(マダムリン) 夕食 もつキャベツ炒め

|

« ちょい、聖研サークルへ | トップページ | ドイツ3位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖書研究:

« ちょい、聖研サークルへ | トップページ | ドイツ3位 »