« 礼拝欠席 | トップページ | 緑の車 »

2006年2月13日 (月)

読了

「世界最高の日本文学」許光俊(光文社新書)

こういう本もたまにはいいです。文豪と呼ばれる人の隠れた一遍を読むことができました。でも、昔は日本文学て苦手だったんです。なんで、こんなのがおもしろいんだろうと。そのせいか、いまだに「我が輩は猫である」も読み通したことがありません。

|

« 礼拝欠席 | トップページ | 緑の車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読了:

« 礼拝欠席 | トップページ | 緑の車 »