« みんなでゴスペル | トップページ | わたしは下流…ではないと思う »

2006年1月29日 (日)

読書タイム in Cafe

 教会の帰りに本屋に寄る。コミックコーナーで、「ゆびさきミルクティー(6)」白泉社を購入。これどう収拾つけるんでしょう>ストーリー展開。いろんな関係・要素多過ぎ。ついにナルシズムまで入ってます。と言いつつもなんとなく買い続けています。ついでに、新書コーナーで新刊を物色。目についた本がいくつかあったが、ここでは買わず。



 さらに、サンマルクカフェに寄って、読書タイム。最近、カフェで読書に励むことが多い。スタバ、ドトール、エクセシオールなどなど。10分あれば、かなりページ数が進みます。この日も、うちに帰ってしまうと、ついほかのことをしてしますので、サンマルクで小1時間ほど、本を読もうと思ったもの。サンマルクでは、わたしのように読書にいそしむ人を多く見かけます。落ち着いた雰囲気のためかも。談笑している人はあまり見かけない。このとき読んだのは以下の本。

 「科学史から消された女性たち」

 「ほぼ日手帳の秘密」

 「考えてみれば不思議なこと」

|

« みんなでゴスペル | トップページ | わたしは下流…ではないと思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書タイム in Cafe:

« みんなでゴスペル | トップページ | わたしは下流…ではないと思う »